お問い合わせは以下の窓口にて受け付けております。

お問い合わせのメールはこちら
電話
ヘルプデスク
(土・日・祝日を除く 9:15〜12:00、13:00〜17:00)
022-399-6182



共  通
よくある質問とその回答(FAQ)
ご利用推奨環境
ご利用に際してのお願い
国土交通省の電子納品要領等(外部リンク)
操作マニュアル(NEC提供)
操作マニュアル基本編(2015年4月版)
操作マニュアル詳細編(2015年4月版)

(2022/8/23 画面リニューアル後)
工事監理官 紹介ビデオ

(更新後)操作マニュアル基本編(2021年4月版)
(更新後)操作マニュアル詳細編(2021年4月版)
簡易マニュアル(共通)
簡易マニュアル(書類の決裁・提出編)(2020年7月版)
簡易マニュアル(共有文書・検査支援編)(2020年7月版)


(2022/8/23 画面リニューアル後)
(更新後)簡易マニュアル(書類の決裁・提出編)(2022年8月版)
(更新後)簡易マニュアル(共有文書・検査支援編)(2022年8月版)

発注機関別情報
〇東北地方整備局
 提出できる書類の種類とワークフロー(東北地方整備局)

〇環境省(福島地方環境事務所)
 (準備中)提出できる書類の種類とワークフロー(環境省)

〇青森県
 提出できる書類の種類とワークフロー(青森県)

〇秋田県
 提出できる書類の種類とワークフロー(秋田県)

〇宮城県
 提出できる書類の種類とワークフロー(宮城県)
 決裁経路の変更(宮城県発注者向け資料)

〇福島県
 提出できる書類の種類とワークフロー(福島県)
 決裁経路の変更(福島県発注者向け資料)

※LGWAN-ASPが利用可能な自治体職員様は、LGWAN経由で下記URLから利用できます。

https://www.cals.asp.lgwan.jp/portal/tohoku/

 
 
お知らせ

■お盆期間中ののヘルプデスク対応について

下記の期間、ヘルプデスクの電話受付・対応はお休みさせていただきます。

2022年年8月11日(木)〜2022年8月17日(水)

以上、ご協力のほどお願い致します。


■画面リニューアルのお知らせ

2022年8月23日より画面レイアウトが新しくなります。機能面の大きな変更はありませんが、画面の見た目と操作感が変わります。

紹介ビデオと画面リニューアル後の操作マニュアル・簡易マニュアルを公開しますので、事前にご確認をお願いします。

〇画面リニューアルに関する情報
工事監理官 紹介ビデオ

(更新後)操作マニュアル基本編(2021年4月版)
(更新後)操作マニュアル詳細編(2021年4月版)

(更新後)簡易マニュアル(書類の決裁・提出編)(2022年8月版)
(更新後)簡易マニュアル(共有文書・検査支援編)(2022年8月版)



[国土交通省]オンライン電子納品の注意事項
@オンライン電子納品したデータは、工事監理官上の打合せ簿等(MEETフォルダ)も含めて受注者側でバックアップを保管しておいてください。
工事監理官の使用期間を過ぎてからメディア納品に変更となった場合、工事監理官からデータをダウンロードすることはできません。あらかじめダウンロード・保管しておいた打合せ簿等(MEETフォルダ)を利用してメディアを作成してください。


A下記に該当する場合は、メディア納品へ変更することを監督員と協議していただくよう、お願いします。

〇国土交通省の保管管理システムに登録できるデータは当面の間50GBまでになります。50GBを超える場合はメディアで納品することを監督員と協議してください。
〇データが15GBを超える場合やアップロード時間が3時間を超える場合は、工事監理官に登録できないことがあります。何度やっても登録がうまくできない場合はメディア納品へ変更する協議をお願いします。


B電気通信設備工事、機械設備工事、業務は当面の間オンライン電子納品の対象外となっています(国土交通省「オンライン電子納品実施要領」をご確認ください)。


Cブラウザのポップアップブロック機能が有効になっていると、発注者への承認依頼が正常に進みません。下記の資料を参考に工事監理官使用時はポップアップブロックが動作しないよう設定してください。
ポップアップブロックの設定方法


[国土交通省]オンライン電子納品の操作方法

国土交通省の仮登録サーバとのデータ連携の処理状況が確認できるようになりました。暫定版のマニュアルを公開します(マニュアルの改訂がおわりましたら改めて公開いたします)。

工事監理官オンライン電子納品ガイド(2版)
工事監理官オンライン電子納品操作マニュアル(4版)
工事監理官オンライン電子納品操作マニュアル補足(処理状況の確認方法)(暫定版)

現在は工事監理官から国土交通省の「仮登録サーバ」へデータの転送が終了すると「登録完了」となります。その後、仮登録サーバから保管管理システムへ登録がおこなれ、その際にエラーが発生して登録失敗となるケースがございます。
その場合、監督員経由で受注者にも連絡があると思いますが、状況に応じて再登録あるいはメディア納品への変更等の対応が必要となります。

担当者変更に関するお願いについて

(1)担当者の変更は早めに変更申し込みいただくようお願い致します(異動日より前でもシステムの変更は可能です)。

(2)担当者の変更が終わるまでは、異動日以降の日付の書類を作成しないようご注意ください(一時保存する書類も含む)

担当者の変更前に作成した書類は、『変更前』の前任者が決裁者となり『変更後』の決裁者(後任)には決裁がまわりません。このような書類は作成者が削除する必要があります。

以上、ご協力のほどお願い致します。


閲覧者の登録数について

(1)閲覧者の登録数が著しく多い場合は、登録時にヘルプデスクから確認させていただきます。原則として発注者5名以内、受注者5名以内でお願いいたします。

(2)大型プロジェクトで発注者の閲覧者を多数登録する必要がある場合は、ヘルプデスクの確認時にご相談ください。

以上、ご協力のほどお願い致します。


■添付ファイルのPDF変換機能について

2020年7月27日より添付ファイルのPDF変換機能にPDFファイルも追加されました。

添付された原本のファイルとは別に、表示確認用のPDFを作成する機能です。
Excel、Wordの他、CADデータ(2D表示)もPDFで確認できます(機能要件Rev5.1対応)。

<対応フォーマット>

Word (doc/docx)
Excel (xls/xlsx)
PDF(pdf)
CAD (p21/sfc)
画像 (gif/jpg/jpeg/png/tif/tiff)
その他 (txt/jtd)


※CADデータについて、現在dxf型式のPDF変換ができない状態となっています。お手数ですがp21またはsfc型式のCADデータをご利用ください。

<注意事項>

〇このPDFは簡易的にファイルを表示するためのものです。すべてのファイル、すべてのページを正しく表示できるとは限りませんのでご注意ください。
〇電子納品出力、検査支援出力で添付ファイルとして出力されるのは原本ファイルになります。確認用PDFは出力されません。


※「工事監理官」は日本電気株式会社の登録商標です。